保育士の悩み解決110番

保育士の悩みをすっきり解決!

収入、職場環境、人間関係、などなど、保育士には様々な悩みが付きまといます。現状で悩みを改善できないなら、転職も視野にいれて考えて見ることをおすすめします。そんな時に役に立ってくれるのが保育士専門の転職エージェントの存在です。

例えば有名なところでは保育ひろばがおすすめです。求人数もさることながらコンサルタントのサポート体制に定評がありますので、あなたの悩みをしっかりヒアリングした上で解決策を提案してくれます。一人で悩まず、まずは一度ご相談してみるのもいいでしょう。

保育士の人気求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
現在抱えている保育士としての悩みをスッキリ解決できる転職先を紹介してくれることで人気の「保育ひろば」では、コンサルタント力に定評がある保育士専用転職エージェントです。全国規模で求人を取り扱っているので全国どこに住んでいる人でも通いやすいロケーションで好条件のお仕事を見つけることができますし、検索機能が充実しているので、迅速に探していたお仕事が見つかります。保育ひろばを利用すれば、登録してから最短2週間で新しい転職先に勤め始めることができるスピード紹介も人気ですし、転職して1か月以上う続けば転職お祝い金をゲットできる特典もついています。正社員のお仕事はもちろん、アルバイトやパート、人材派遣で働く保育士の求人も充実しているので、ニーズや希望に合わせてピッタリの仕事が見つかりそうですね。

保育士バンク 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
保育士の求人情報を全国規模で取り扱っている「保育士バンク」は、東京や大阪を中心に就職フェアや転職フェアを開催している転職エージェントとして人気があります。パソコンはもちろん、スマホのアプリを使って転職活動をすることもできるので、いつでもどこでも隙間時間を利用して気に入った仕事を見つけられます。転職活動をサポートしてくれるコンサルタントは全員が経験豊富なベテランなので、悩みや不安について解決しながら自分にピッタリの仕事が見つかりますし、好条件や高待遇のお仕事や非公開の求人もたくさん取り扱っているので、大満足できる仕事が見つかりやすい点も保育士バンクの特徴です。面接の前に職場見学ができる手配もしてもらう事ができるので、失敗しない転職先を見つけたい人にとっては、沢山のメリットが期待出来る転職エージェントです。

マイナビ保育士 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
保育士の求人情報を専門に取り扱っているマイナビ保育士では、求職者の悩みを解消できる転職先や、希望や条件に合った転職先を素早く見つけて紹介してくれるサービスが好評です。現在は東京や神奈川など関東エリアに置ける求人情報がメインとなっていますが、今後は少しずつ対応エリアが広がっていくことが期待されている転職エージェントです。マイナビ保育士は、転職サポート業界においては35年の実績と信頼を持つマイナビグループで、登録してから転職先を見つけ、入職するまでに費用は一切かかりません。安心して大満足できる転職先を探すなら、マイナビ保育士がおすすめです。園長や主任などキャリアアップ的な求人も多数揃っているので、管理職としてステップアップしたい人にピッタリのお仕事も見つかります。

保育士の悩みで多いものは?

保育士が抱える悩みにはいろいろなものがあります。その中でも多くの人に共通しているのが、お給料が低いという悩みですね。保育士のお仕事は、経験を積むことによってリーダーなどのステップアップをすることができますが、ほかの仕事と比べると経験を積んでも収入にはなかなか反映されにくいお仕事です。

そのため、一家の大黒柱となる男性保育士の場合には、お給料では家計を支えることができず、止む負えず他の仕事に転職しなければいけないということが少なくありません。「大好きな保育士の仕事を続けることができて、収入もアップしたら良いのにな」という悩みを抱える人は多いようです。私立の保育園などは、公立認可保育園と比べてお給料面で少し高めの所もありますが、それでも保育士のお給料は園児たちの保育料でまかなわれているため、劇的な高収入を得ることは難しいようです。

また、保育士が抱える悩みには、職場の人間関係があります。保育士の職場は小さな子供達を預かる保育園が大半ですが、保育園ではギリギリ最低人数のスタッフでやりくりしている狭い職場となっています。狭い職場だと、職場の人間関係がダイレクトに働きやすさに関係するため、人間関係について悩みを抱えてしまう人は多いようです。保育士のお仕事は女性が多いのですが、中には男性保育士も働いています。男性保育士の場合、職場のスタッフで男性が自分だけしかないという環境になることが多く、女性スタッフからいじめにあってしまったりという悩みを抱えることもあるようです。

保育士の多くは、キャリアアップに関しても悩みを持っています。保育士として働くためには、専門の教育を受けて資格を取得しなければいけませんが、働き始めてからは、経験を積んでも収入アップにつながるステップアップやキャリアアップの選択肢は少なく、どんなに経験を積んだ人でも職場は保育園が大半です。また、保育士の中では最もキャリアアップのお仕事と言われている保育園の園長のお仕事は、各保育園に園長は一人しかいませんし、離職率が低いためになかなか求人募集自体がかからず、ステップアップしたくても求人が出ないからできない、ということになりかねません。そのため、ある程度の経験を積んだ保育士にとっては、その先のステップアップやキャリアアップについて悩みを抱えることが多いようです。保育士として転職する際には、長期的なプランや生活設計などと照らし合わせながら職場選びをしたいものです。

保育士の求人倍率は?

全国的に保育園が不足している近年では、保育士も深刻な不足に陥っている地域が多くなっています。保育園を利用したくてもどこも満員で受け入れてもらえないという保護者の悩みは多く、全国の自治体では保育園の新設や増設などが勧められていますが、設備はできても働く保育士を確保できなければ、施設を開園することはできません。そのため、全国的に保育士のニーズはとても高く、ほかの仕事と比べると比較的転職し易いお仕事と言えるでしょう。

保育士の求人倍率は、2017年現在における全国平均を見ると、約1.55倍程度と言われています。つまり、一つの求人募集に対して、応募する保育士の数が2人にも満たないということで、求人倍率はとても低く、まさに売り手市場のお仕事となっています。保育士のお仕事は、誰でも希望すれば働けるというわけではなく、専門の教育を受けて資格を取得しなければいけないお仕事なので、この売り手市場の状況はもうしばらく続くことが予想されています。

保育士の求人倍率は、都道府県によっても異なりますし、公立の園なのか私立の園なのかによっても異なります。都道府県の中には、保育士不足を解消するために、保育士の労働環境や給料面において自治体を上げて対策を講じていて、そうした都道府県においては保育士も高収入を稼ぐことができるため、求人倍率は高めとなっています。また、公立の保育園と私立とでは、私立の方が保育士に対して高収入のお給料を払える所が多いため、私立の方が求人倍率は高くなることが多いようですね。保育士として転職したい人にとっても、やはり同じ仕事をするなら少しでもお給料が高い方が良いわけです。求人倍率が高めのお仕事は、収入面などでメリットがある求人だと考えることができそうですね。

保育士不足が続くと、共働きを希望する家庭に大きなダメージがあるため、各自治体では様々な策を講じています。例えば、不認可の保育園においてはアルバイトやパートなどで保育士としての資格を持っていない人をアシスタント的に雇用することを認めていたり、保育士の資格を持っているけれど働いていない人のために、一日数時間だけ働けるお仕事の求人を出すなど、保育士の確保に尽力しています。特に保育園や保育士のニーズが高い東京都においては、2017年には保育士が7万人以上不足するだろうと予想されていて、今後も保育士不足を解消するためにいろいろな対策が行われていくでしょう。もしも現在、保育士の資格を持っているけれど働いていないという人にとっては、今後もしかしたら自分のライフスタイルに合わせて働けるお仕事が見つかるかもしれませんね。

保育士の転職は売り手市場?

保育士のお仕事は、全国的に不足しています。その理由はたくさんありますが、このお仕事は精神的にも体力的にもハードでなければ続けることができないお仕事というだけでなく、収入があまり高くないお仕事という点も理由の一つとなっています。資格がなければ働くことができないので、求人募集が出ても誰でも応募できるわけではないという点もまた、保育士として働く人材が不足する要因になっているのかもしれませんね。

保育士の求人倍率をみると、2017年現在における全国の平均倍率は1.55倍となっています。これは、1つの求人募集に対して応募する人が2人に満たないということで、かなり低い数字と言えるでしょう。そう考えると、保育士のお仕事はかなりの売り手市場ではないでしょうか。現在、都市部を中心に保育園不足を解消しようと、新設の保育園が建設されており、新しく開園する保育園では保育士のニーズが出てきます。また、卒園の時期には少しでも良い待遇ではたらける職場へ転職することを希望する保育士が転職活動をするため、1月から3月ぐらいにかけてはたくさんの求人が出されます。そうした時期を選んで転職活動をすると、たくさんの選択肢の中から条件や希望に合ったお仕事を選ぶことができるので、満足度が高い職場探しができるでしょう。

現在、保育士不足を解消するために、国や都道府県などの行政機関では、保育士の待遇改善に向けての対策を講じています。都道府県によっては、保育士の待遇をよくすることによって少しでも多くの人が保育士として働けるような環境づくりが勧められていて、地域によっては他のお仕事よりも保育士が高収入を得ている地域もあります。そうした地域では、多くの人が保育士の資格を生かして働きたいと考えますし、男性保育士にとっても一家の大黒柱として十分な収入を得ることができるので、男性保育士の育成にもつながっています。

今後、保育士の労働環境や待遇が改善されていけば、現在のような保育士の売り手市場な状態も少しずつ変わるかもしれません。しかし、資格がなければ働くことができない仕事なので、いますぐに状況が改善されて売り手市場から買い手市場になってしまうことは考えづらく、しばらくは保育士にとっては転職先を見つけやすい状態が続くと考えられています。このお仕事は全国どこにでもニーズがあるので転職先を見つけることができます。待遇や勤務時間、ロケーションなど自分が優先したい条件をいくつかピックアップして、満たしている求人を絞り込んでみてはいかがでしょうか?


Copyright (C) 2017-2018 保育士の悩み解決110番 All Rights Reserved.